2006年01月26日

成果主義とデイトレード

昔から新聞や評論家は、デイトレーダに批判的なのだが、ホリエモンの逮捕をきっかけにそのような記事が目立つようになって来た。

大体の記事の論調は、デイトレードはリスクが高く、一攫千金狙いのギャンブルであり、安易な金儲けよりも、堅実な努力をしてスキルを高めるべきという主張だ。

しかしながら、デイトレードは基本的に

・実はローリスク
・努力と継続が必要
・自分との精神的な戦いで
・成果主義(自己責任)

な世界である。もちろん、デイトレードで食えてない人も沢山いるとは思う。しかし、そういう人(単純に博打を打っているだけの人)がいるからといって、デイトレードが堅実でないとはいえないのだ。

昔と異なり、今はインターネットがある。「取引事務」が機械化できるので、その事務原価が安い。また、証券会社間の過当競争もあって、寺銭にあたる取引手数料はさまざまな賭け事のなかで極端に低い。このことが、デイトレードを堅実な商売へと変えたのだ。デイトレードを博打と見た場合

・寺銭が安い
・運の要素が少ない(情報力がものをいう)
・対面でない(純粋に理論だけで戦える)

という特徴がある。つまりきちんと勉強して、練習すれば、比較的簡単に博徒になれる世界なのだ。例えば、麻雀が強い人でも、ビギナーズラックの初心者に負けることもある。しかし、初心者(カモ)と丸一日やれば、かならずプラスになるはずである。デイトレードもそれと同じで、努力して「得意な銘柄」さえもてれば勝てるようになるのである。なお、デイトレードで一攫千金を狙うと、一回の負けで復活できなくなるので、それはお薦めしない。雑誌で報道されるような凄いリターンの人は、たまたま破産しなかった可能性が高いようなかけ方をしている。
あくあまでこつこつ、毎日、少しずつ稼ぐものという心構えが大切だ。

ホリエモンは、エッヂ時代、社長兼技術者だった。それも結構ちゃんとした技術者だった。もしかすると、その優秀さ故に、「技術はすぐ陳腐化し、換金性も高くない」ことに気づいてしまったのかもしれない。

そうなのだ、スキルは一生飯のタネになるものと、ITのように学ぶのは難しくても陳腐化が早いものがある。「陳腐化=リスク」だし、その技術は、換金(=労働力を提供して賃金をもらう)するのに、就職と上司の評価と2段階のハードルをクリアする必要がある。実力があれば評価されるって?そうかもしれない。しかし、相場なら評価される必要もない。あるのは結果のみだ。

「相場」にはいくつか理論があり、勉強出来る部分もある。そして、寺銭が低ければ、勝率は限りなく5割でよいのだ。この技術はたぶん一生使えるし、病気で動けなくなっても、バカにならない限り稼げ、育児や家事との両立もしやすい。

一方、サラリーマンは、いつ違法解雇されるかわからず、陳腐化の可能性の高い技術であっても、命令とあれば従事する必要があり、寺銭(売上げ-給料)も極端に高い。

一方、デイトレードは、1年に200日ぐらい相場を張って、6割ぐらいの勝率で勝てれば、派手な生活は出来ないかもしれないが、確実に暮らしていける。

どちらが、ありさんの生き方で、どちらがキリギスな生き方が、再度考えて見てほしい。



posted by ポスト小泉チルドレン at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。