2008年12月27日

新興宗教「憲法9条」と、田母神

田母神さんという空軍大将が、アパグループの懸賞論文に応募し、その「書いた論文の内容が不適切」という理由で更迭された。
防衛大臣だったこともある石破茂さんの指摘、「欧米も侵略をしていたからと言って、正当化されるわけではない」というのも尤もであるけれども、一方で、「ここには私共自由な民間の研究者達が、20世紀の世界史の実相は概(おおむ)ねかうだつたのだ、と多年の研究から結論し、信じてゐる通りの歴史解釈が極(ご)く冷静に、条理を尽して語られてゐる。」とも言える。

実際の論文「日本は侵略国家であったのか」を読んでみると、わかりやすく平易な文章でかかれており、内容的に「憲法9条」系の論者に対する反論と思われる。「戦争映画」は、一方的な勧善懲悪では深みがでないが、複雑すぎても意味不明になってしまうので、そのあらすじに最適なレベルのように思う。

論文として稚拙といえば稚拙なのかも知れないが、それを政治家が批判するのもどうかと思う。
彼は自衛隊という、国から認められていない軍隊の長なのだ。隊員に対してリーダシップを取る必要があるし、実質は軍隊であるのだから、軍の長として考え、行動することは当然だが、そのことが政府の矛盾とぶつかることもある。

もともと、国は、軍隊を持つなら憲法を改正すべきだし、持たないなら自衛隊でさえ持つべきではない。政治家の職務的性質から言って、軍隊が必要だと思ったら、政治生命をかけて憲法改正を訴えるべきなのだ。政治生命もかけたくないが、軍隊は必要だと思っている政治家が、税金を沢山投入して、先に銃を撃っちゃいけない軍を維持している。このことの矛盾が、隊員やその大将の行動に影響を与えている。

要するに、より地位が高い大臣が、自分達側にある矛盾を放置して、それが原因で起こっている部下の叫びを、叫びと認識せず、国民を味方につけながら、非難・更迭しているだけだ。
posted by ポスト小泉チルドレン at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。