2008年12月06日

税収UPと、税制誘導

税には2つの機能がある。

1つは、「国家の仕組みを維持する」ための費用を集める機能。
もう一つは、特定の行動を誘導する機能、例えば、ビールでなくて第3のビールを購入させるというような機能である。

徴税側に「第3のビール」の振興策などは存在しないだろうが、その意図には関係なく、税には、課税回避行動を誘導する機能が存在する。
これを積極的に利用しようとするのが、「控除政策」である。住宅ローン減税などが、その最たるものだ。

高額所得者は、もともと少ないので、これに累進課税をかけても税収UPにはあまり役立たない。
しかし、課税回避行動を誘導する目的で、控除政策とセットで累進課税をかけることは、有為である。




posted by ポスト小泉チルドレン at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。