2008年12月14日

死刑制度反対論者

死刑制度反対論者と、その反対論者の意見を読み比べると、前者は被害者の低減を目的としているということがわかる。(冤罪死刑も、殺人被害者)
後者も一応は「死刑がなくなると、犯罪が増える」というような事を主張しているが、数値的根拠を示しているケースが見られないし、低減できるなら「冤罪OK」、「親族やその他の連帯責任死刑OK」と主張する人もいないので、犯罪の低減を目的とするよりは、「死刑制度反対」に対して反対することが目的なのだろう。


posted by ポスト小泉チルドレン at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。