2006年01月28日

労働者が1株株主

労働者が1株株主になっている例はいくつかあるようだ。

フジテレビと戦う松沢弘さん

沖電気と戦う田中哲郎さん

松沢弘さんは、労働組合を作って解雇されたのだけど、フジテレビの日枝会長も労組を作って左遷された経歴をもつ人なんだよね。

タブー視された労組を結成、「左遷」された
 
ただ、労組結成は「ボスが財界の首脳だから」とタブー視されていた。水野成夫(しげお)氏、鹿内(しかない)信隆氏ら当時の歴代社長は、経済団体の重鎮だった。

 それでも、女性の25歳定年制などに、「いまどき、こんなことが許されていいのか」と立ち上がった。報道部の記者だった66年、労組結成の中心メンバーになった。

 左翼運動は嫌いだった。通常の労組イメージを薄めようと心がけた。ストの時も腕章でなく、胸に花をさした。旗も青色にした。

 だが、会社側の締め付けは、きつかった。

中略

 「報道部員は組合に入るな」と労組員の記者は全員、配置転換。自分もすぐ、編成局に「左遷」された。

中枢の編成局長に抜擢(ばってき)されて、バラエティー路線に舵(かじ)を切った時も、幅広い体験が生きた。


このあと日枝さんは鹿内家を追い出している。まるで平家を追い出した源頼朝のよう。
この辺は閨閥に詳しいのだが、なぜか絶版。
posted by ポスト小泉チルドレン at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12387108

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。