2006年01月31日

官から民へでなくボランティアへ

「官から民へ。民間で出来ることは民間で」最近の政府、というか小泉さんが良く使う言葉だが、何かちょっと違和感を覚えないだろうか?
だって民は営利団体で、官は非営利団体である。なぜ営利団体の方が、税金の節約になるというのだろうか?
昔、ホリエモンがオン・ザ・エッヂを設立したころは、非営利団体、例えば生協や互助会は営利団体のものより「安い」というのが常識だった。だから、例えば「インターネットの常時接続環境を安く手に入れよう」と思ったら、「互助会を設立する」のが良い方法だった。

しかし、株式市場からの資金調達という錬金術により、「数年間赤字を垂れ流す」ことが許されるようになると、その立場は逆転した。みんなで資金を出し合うより、過当競争で赤字を出しながらサービスしつづける営利企業の方が「安く」なってしまったのだ。

その頃だろう、「民=安い 官=高コスト」というステレオタイプが定着したのは。
しかし、赤字企業の活動は、永続的なものではない。倒産やサービス停止をしてしまった会社も沢山ある一方で、労働法違反や証券取引法違反などの脱法に走る会社もある。

ただし、民は勝ち組みと負け組みがある。つまり「勝ち組の会社」であれば、「官よりも効率がいい」という可能性はたしかにある。しかし、基本的には、非営利団体の方が「営利」分だけ有利な筈である。だから営利団体と非営利団体で、価格の逆転現象がおきるのは、団体としては非営利であっても、労働者はボランティアではない。その人件費が官の方が高かったりすると、逆転現象がおきるのだ。

つまり、官から民への委譲でなく、公務員からボランティアへの委譲になれば、サービスはもっと安くなるのだ。

私は提案する。仕事もしくはボランティアに従事する国民全員に、生活保護費を支給することを。そして、失業中や、定年、毎日は働けない人などが、社会や地域に積極的に貢献してく手段として、公務ボランティアを推し進めることを。

posted by ポスト小泉チルドレン at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12577956

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。